建物明け渡し請求

TOP

 > 

業務内容

 > 

訴訟・裁判事務

 > 建物明け渡し請求

建物明け渡し請求 建物明け渡し請求

建物明け渡し請求について

明け渡し(立ち退き)では、話し合いが重要となります。あまり感情的にならずに相手の立場を考えながら交渉することが重要です。
いきなり訴訟というのは得策でないかもしれません。

なぜなら、滞納者は経済的に困窮していることが予想され、次に住む場所を選ぶにも敷金・礼金・仲介手数料等がかかるために、強制執行まで任意に退去しない場合が多いのです。
つまり、悠長に法的手続きを取っていては、経済的損失が計り知れないのです。

また、お話合いがまとまっても、それを法的に有効な形で残しておくことが重要です。
滞納者は日々の況が変化することも多く、決まった内容を現実に遂行できないことは、よくある話しなのです。

当事務所では、状況に応じて適切な手続きをアドバイスさせていただいておりまし、独居老人、行方不明者、破産者などの場合でもご相談をお受けいたしております。

司法書士ヤマト・行政書士ヤマトが選ばれる理由司法書士ヤマト・
行政書士ヤマトが
選ばれる理由

選ばれる理由
  • 1不動産問題が専門なので任せて安心
  • 2登録免許税や実費を
    最安値で済むよう申請
  • 3パッケージ料金で分かりやすい費用設定
  • 4簡単な事案から複雑な事案まで全力対応
  • 5年中無休で20時まで対応

建物明け渡し請求の費用

報酬(税別) 実費
建物明け渡し請求 各種手続き方法により異なります -

ご用意いただくもの

初回相談時にご用意いただくもの

  • お問合せください。

建物明け渡し請求で必要なもの

  • 印鑑
  • 身分証明書

手続きの流れ

STEP

01

ご相談

無料相談で状況をお伺いします。

費用相談料:0円

flow

STEP

02

立ち退き方法のご提案・費用のご説明

各種手続きする内容のご説明。
各種費用のご説明をします。

flow

STEP

03

手続き方法の選択

内容証明、和解、訴訟などベストな方法の選択

flow

STEP

04

ご依頼・正式受任

お手続き内容と費用に納得されましたら、ご依頼ください。

費用着手金:10,000円~

flow

STEP

05

建物明け渡しに着手

早期に解決できるようサポートいたします。

建物明け渡し請求でよくあるご質問

準備中です。


ページ
トップへ