登記のやり直し・修正

TOP

 > 

業務内容

 > 

不動産登記

 > 登記のやり直し

登記のやり直し 登記のやり直し

登記のやり直し・修正について

ご相談の中では、登記のやり直しや修正がございます。

例えば…
●「妻に婚姻前の貯蓄があり、購入資金の半分を出資したが、全て夫名義にしてしまった。」
●「相続で遺産分割協議をやり直した」
●「親が、息子の不動産購入資金のほとんどを出資し全て息子の名義にしたが、その息子が離婚しそうで、嫁に不動産の半分の権利を主張されそうである。」
などです。

登記のやり直しや修正には様々な方法がございます。税金関係・関係者の承諾など様々な条件をクリアしつつ最適な方法を選択しなければなりません。

そして、司法書士を選ぶ際には、税理士とタッグを組み解決してくれるかどうか?ということが重要です。
何故なら、不動産登記のやり直しや修正を行ったばかりに、後に大きな税金を支払うことになってしまったということが少なくないからです。

司法書士ヤマト・行政書士ヤマトでは、不動産問題に強い税理士とタッグを組み、最適な方法であなたの問題を解決いたします。

司法書士ヤマト・行政書士ヤマトが選ばれる理由司法書士ヤマト・
行政書士ヤマトが
選ばれる理由

選ばれる理由
  • 1不動産登記問題が得意なので任せて安心
  • 2不動産登記のやり直しの実績多数
  • 3なるべく費用が安くなる方法で対応します
  • 4簡単な事案から複雑な事案まで全力対応
  • 5年中無休で20時まで対応

登記のやり直しの費用

司法書士報酬 実費 備考欄
修正に関する登記 69,800円~ 1,000円
(不動産1個)
事案により大きく異なります。
各種機関との
事前打合せ
20,000円~30,000円 交通費 事案により大きく異なります。
税務シュミレーション
(税理士対応)
お見積り対応 - -
登記原因証明情報作成 20,000円~30,000円 - 事案により大きく異なります。
不動産事前確認
(不動産1個)
1,000円 337円 -
不動産事後確認
(不動産1個)
1,000円 600円 -

登記のやり直しや修正でご用意いただくもの

初回相談時にご用意いただくもの(無ければ不要です)

  • 不動産の権利証(登記済証・登記識別情報)
  • 固定資産税の納税通知書または固定資産税評価証明書

登記のやり直し修正登記で必要なもの

  • 事案によって大きく異なりますので、詳しくはお問合せ下さい

お手続きの流れ

STEP

01

ご相談

現状の登記内容と修正したい登記内容などをお伺いします。

費用相談料:0円

flow

STEP

02

事前調査

やり直し・修正登記の事案が複雑で、事前の調査が必要になる場合には、少しお時間を頂戴いたしております。

費用期間:3日~程度

費用事前調査費:実費分のみ(300円~3,000円程度)

flow

STEP

03

ご提案・お見積り

すぐに、ご提案できる場合には、お見積書もお渡しいたします。

費用お見積り:0円

flow

STEP

04

正式なご依頼

やり直し・修正登記の内容と費用に納得されましたら、ご依頼ください。

費用着手金:お見積り金額の20%

flow

STEP

05

当事務所で案件の処理を行います

当事務所で不動産の権利調査~各機関とのやり取り~各種書類の作成

費用期間:数週間程度

flow

STEP

06

必要書類に署名・押印を頂戴します

必要書類にご署名と押印をいただきます。

費用費用のお振込み

flow

STEP

07

登記申請

やり直し・修正登記の申請

費用期間:1週間~2週間程度

flow

STEP

08

登記完了

登記完了~最終確認を行います

費用期間:1~3日

flow

STEP

09

完了後の重要書類などをご送付

不動産の権利証、各種契約関係書類、完了後の登記簿謄本などをご郵送いたします。

登記のやり直しでよくあるご質問


ページ
トップへ