個人再生

TOP

 > 

業務内容

 > 

借金問題

 > 個人再生

個人再生 個人再生

個人再生について

個人再生の専門サイトはこちらをクリック
⇒個人は司法書士ヤマト・行政書士ヤマト

家や車を残したまま借金を5分の1にする債務整理が、個人再生と呼ばれる方法です。次のようなお悩みがある方は一度、ご相談下さい。

  • 自宅を手放したくないので自己破産したくない。
  • ローンが終わった車や保険を処分せずに債務を減らしたい。
  • 借り入れの原因が投資・浪費・ギャンブルなので、自己破産出来ないと言われた。
  • 毎月の利息が高額で払っても払っても借金が減らない。


個人再生は自己破産と違い借金のうち一定割合は3~5年の分割で支払う必要があります。ただし自己破産のように財産を処分する必要がないので住宅をお持ちの方にとって有効なお手続きとなる場合がございます。

【個人再生の特徴について】
●住宅ローン支払中の住宅を残せる。
住宅ローン支払中の債務者が自己破産すると普通は住宅を手離さなければなりませんが、個人再生では住宅を残して借金を大幅(5分の1)に減額することが可能となります。
住宅ローンは全額支払う必要がございますが、賃貸暮らし等の家賃を考えると住宅ローンを支払う方が良い場合もあるでしょう。また住宅が残るので将来の売却等を考えるとトータルではお得になる場合もございます。

●住宅ローンの保証人に迷惑がかからない。
住宅ローンには連帯保証人や連帯債務者となっている方が少なくありません。自己破産すると住宅ローンの残債はその方々が負担しなければなりません。そうすると負債の連鎖が生じる場合があり、保証人までもが自己破産しなければならなくなる場合があるのです。
個人再生の場合には住宅ローンは返済するのですから、連帯保証人や連帯債務者には迷惑がかからず債務整理することが可能です。

●任意売却より良い場合がある。
住宅ローンの返済が難しい=(イコール)任意売却と考えるのは得策ではありません。任意売却は債務整理の中で「ほんの一部」のお手続きでしかございません。住宅ローン返せない=任意売却いう構図は不動産業者の営業でしかないのです。
債務整理はトータルで考えることが重要です。住宅ローンの問題でも個人再生や自己破産で解決できる場合が多々あるのです。また任意売却する事で後々の債務整理に影響する場合がございます。債務整理の問題は不動産業者ではなく債務整理の専門家に相談することが重要です。

●投資・ギャンブル・詐欺被害(詐欺の立証が難しい場合)でも可能
自己破産では投資・ギャンブル・詐欺被害(詐欺の立証が難しい場合など)等の場合には、裁判所に破産(免責)を認めてもらえない場合もございますが、個人再生の場合にはそのような事項がございません。前記の理由で債務整理されたい方は一度ご相談くださいませ。司法書士ヤマト・行政書士ヤマトが最適な解決案をご提示いたします。

司法書士ヤマト・行政書士ヤマトが選ばれる理由司法書士ヤマトが
選ばれる理由

選ばれる理由
  • 1個人再生の経験豊富なスタッフが対応
  • 2相談無料・着手金0円
  • 3個人再生のメリットとデメリットを丁寧に説明いたします。
  • 4合わせて自己破産や任意売却のご相談もOK
  • 5年中無休で20時まで対応

個人再生の費用

司法書士報酬 実費
相談料 無料 -
解決方法による 28万円~ 分割払い可能

ご用意いただくもの

初回相談時にご用意いただくもの(無ければ不要です)

  • 借入先や借金の額など
  • 督促状や通知書など全て

お手続きで必要なもの

  • 事案により異なります。

手続きの流れ

STEP

01

ご相談

無料相談で借金や住宅ローンなどの状況をお伺いします。

費用相談料:0円

flow

STEP

02

解決方法のご提案・お見積り提示

各種解決方法について丁寧にご説明いたします。

費用お見積り:0円

flow

STEP

03

ご依頼

手続き内容と費用に納得されましたら、ご依頼ください。

費用着手金:0円

flow

STEP

04

当事務所で案件の処理を行います

当事務所で借金調査~各債権者とやり取りなどを行います。

費用期間:数週間程度

flow

STEP

05

お手続き完了

個人再生問題でよくあるご質問

準備中です。


ページ
トップへ