建物滅失登記

TOP

 > 

業務内容

 > 

分筆・測量・筆界

 > 建物滅失登記

建物滅失登記 建物滅失登記

建物滅失登記について

建物、家屋を解体した場合、1ヶ月以内に滅失登記を行わなければなりません。
その建物が存在しなくなったことを法務局の登記簿上に登記するためです。

建物の固定資産税は1月1日時点で固定資産税課税台帳に登録されている内容を元に課税されるため、現存しない建物に対して請求される事もありますので、建物滅失登記忘れの無いようにしなければなりません。

建物滅失登記は申請する義務があります。
登記の申請を怠った場合には、10万円以下の過料に処されることがありますので注意が必要です。

また、現存しない建物が登記上だけ存在する場合も少なくありません。
その際にもご相談下さい。提携の土地家屋調査士が調査しアドバイスをさせていただいております。

司法書士ヤマト・行政書士ヤマトが選ばれる理由司法書士ヤマト・
行政書士ヤマトが
選ばれる理由

選ばれる理由
  • 1不動産問題が専門なので任せて安心
  • 2登録免許税や実費を最安値で済むよう申請
  • 3パッケージ料金で分かりやすい費用設定
  • 4簡単な事案から複雑な事案まで全力対応
  • 5年中無休で20時まで対応

建物滅失登記の費用

報酬(税別) 実費
建物滅失登記 提携の土地家屋士からのお見積り対応となります。

ご用意いただくもの

初回相談時にご用意いただくもの

  • お問合せください。

手続きで必要なもの

  • 実印
  • 印鑑証明書
  • 身分証明書

手続きの流れ

STEP

01

ご相談

無料相談で土地建物の現況についてお伺いします。

費用相談料:0円

flow

STEP

02

調査~登記申請などについてのご説明

不動産権利の事前調査を行い登記などについてご説明。

費用各種費用のご説明をします。

flow

STEP

03

ご依頼・正式受任

お手続き内容と費用に納得されましたら、ご依頼ください。

費用着手金:0円

flow

STEP

04

各種書類に署名押印

登記申請に必要な書類は全て当事務所で作成しますので署名押印だけ頂戴します。

flow

STEP

05

登記の申請

書類作成~登記完了まで全て当事務所でサポートいたしますのでご安心ください。

費用費用のお支払い

flow

STEP

06

登記の完了

登記完了後も法的サポートをいたします

建物滅失登記でよくあるご質問

準備中です。


ページ
トップへ